Commencement%20097_edited.jpg

​デイリー・コンサルティング

Dairy Consulting

酪農に関する栄養学について 様々な情報・技術を提供して参ります

2017年に発行100周年を迎えた米国の酪農学術誌「Journal of Dairy Science」100巻12号には、

様々な研究分野の「100年レビュー」が掲載されました。その中で、ホメオレシス理論や、CLAと乳脂肪の研究で著名なBauman博士は、将来の個体乳量の平均が、現在の3倍となることを示唆しています。

 

また半世紀も前に「乳房が乳牛に付属しているのではなく、乳牛が乳房に付属している」と表現されているように(Brown, 1969)、乳牛は今後ますます生産に特化したスーパーアニマルになっていくとも予想されます。彼女たちの生産・健康・福祉を支えるためには、酪農科学の進化と深化を正確に把握することが、これからは更に重要となるでしょう。

 

「デイリー・コンサルティング」は、科学的な根拠に基づいた情報・技術を評価することにより、

それらを現場に伝達・還元しながら、酪農産業に貢献することを目指しています。